ジャパンネット銀行でお金を借りる

ジャパンネット銀行カードローン

実質年率2.5%~18.0% 限度額1000万円
保証人不要 最短即日融資

ジャパンネット銀お申し込みの流れ

ジャパンネット銀行お申し込み・ご契約方法

  • ネットバンクにログイン後、契約申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちの方

  • インターネットからネットキャッシング+普通預金口座開設の同時申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちでない方

即日融資でお金を借りる



銀行でお金を借りる


お金を借りる~疑問解決コーナー~

みなし利息って何のこと?

みなし利息とは、利息制限法で定めがあるものです。 銀行のローンや消費者金融などでのキャッシング等、金銭の消費貸借契約において、債権者が受けとる元本以外の金銭は、名目を問わず利息とみなされるという規定です。 名目を問わずというのは、あえて利息と言っていないものであっても、たとえば、手数料、割引料、礼金、調査料など、どんな名称であってもかまいません。 お金を貸すと元本に利息を付して返済されることが求められますが、請求していい利息には制限があります。 利息制限法では、貸付額が10万円未満なら20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上は15%と上限が定められています。 もし、貸付業者が適用金利はこの範囲におさめつつも、他の名目で何らかの利益を得ようとした場合、この上限を超える利息は受け取ってはならないことになり、債務者には返還請求が認められることになるのです。 ただし、みなし利息の例外として、ATM利用料やカード再発行手数料などは徴収が認められます。 もっとも、請求しても利息と認められない手数料は法律に明記されており、これに当てはまらないものは認められません。 また金額も定められており、貸付額1万円以下の場合は105円まで、1万円超の場合は210円までとなっています。 仮に、1万円をATMから借りて210円の手数料がかかったとすると、105円はみなし利息となってしまうのです。 そのため、信頼のおける業者では提携ATMも含め、ATM手数料はこの範囲に抑えられています。


即日融資でお金を借りる



銀行でお金を借りる


このページの先頭へ