コンビニATMを利用して即日お金を借りる

急にお金が必要になったとき、スピード審査や即日融資がウリの消費者金融や銀行のキャッシングやカードローンを利用する手がありますが、その場合最大のネックが借入金の受け取りです。 インターネットの普及で審査や融資までの時間が早くなったとはいえ、その日の内にお金を届けてくれるわけではありません。
即日融資とは送金までの貸付側の手続きを指しているからです。
送金が済めば、銀行や提携コンビニのATMから借入金を引き出すことができます。
このスピード融資を謳う貸金業者の送金には大きく分けて2通りがあります。
一つ目は、無店舗型の消費者金融のケースで、融資が決定したら、借入者の指定する銀行口座に振り込むケースです。
この場合、貸金業者が自分の銀行口座から借入者の銀行口座に送金しますので、あっという間に振りこまれるというものではありません。
営業時間内でも早くて2時間、営業時間外なら翌営業日の銀行間送金手続きに回されてしまうからです。
2つ目は、自動貸付機など、自社で無人店舗を設置している消費者金融や銀行の場合で、自社の無人店舗に赴けば、その場でカードローン用カードが発行されます。
発行され次第、提携コンビニATMなどで借入金を引き出せます。
この場合には銀行間送金がないため、タイムラグはほぼありません。
ちなみに、コンビニATMでの操作はいたって簡単で、カードローン用カードを挿入し、引き出しボタンを押して、暗証番号を入力するだけです。
場合によっては金額を指定することもあるでしょう。
ただし、利用手数料は貸金業者によっても異なりますし、利用時間帯によっても異なります。


即日融資でお金を借りる



銀行でお金を借りる


このページの先頭へ